Skip to main content

サウンドプロセッサは「耳掛け型」と「コイル一体型」があります。

「耳掛け型」は耳にかけ、「コイル一体型」は頭部に直接つけて装用します。
外観や機能、対応する電池が異なるのでご自身の生活のスタイルに合わせて選ぶことができます。
どちらも走ったりはねたりするだけでは落ちにくいようになっています。眼鏡をかけていらっしゃる方やマスクを頻繁にされる方はコイル一体型が快適といわれています。

Meet Nucleus 7
Meet Nucleus 7

カラーバリエーションが豊富にあり、目立たないように装用することもできます。

最近の人工内耳のサウンドプロセッサの進化はめざましく、聴取環境を自動選択する機能やワイヤレス機器と直接接続できる機能のほか、スマートフォンと直接接続し電話をすることもできるタイプも登場しています。

Mom and son talking on ipad

<装用者さまの声>

  • スマートフォンで直接電話ができる
  • 小さくて目立たないのでうれしい
  • テレビの音がクリアに聴こえて、会話も増えた
  • 孫と一緒に公園に行きました
Meet Nucleus 7

スマートフォンで直接電話ができる

仕事で電話を多用するので、電話の音が直接人工内耳で聴こえる機能が大変役に立っています。

聞き返すことも少なくなったので、人工内耳を使い始める前の聴こえにくかった頃よりも、人とのコミュニケーションに積極的になりました。 (40代男性 装用者さまの声)

 

Meet Nucleus 7

小さくて目立たないのでうれしい

コイル一体型の人工内耳サウンドプロセッサを使っています。小型で目立たない、マスクやカチューシャが付けやすく気に入っています。耳に髪の毛を掛けられたり、付けている感じを忘れるほどです。落ちないようクリップがあり安心です。(70代女性 装用者さまの声)

Meet Nucleus 7

テレビの音がクリアに聴こえて、会話も増えた

人工内耳を装用してからは電話やビデオ通話も頻繁に利用し、音楽も気軽に聴くようになりました。毎日の楽しみが増えたうえに、聴こえもよくなるなんてすごいことですよね!
(30代 女性 装用者さまの声 )

Meet Nucleus 7

孫と一緒に公園に行きました

人工内耳を装用してから、「明るくなったね。」と言われました。自分でも驚きましたが、これが会話のもたらすパワーなのでしょう。聞きたいけど聴こえない、話したいけど会話に入れない、話しかけられたくない故に人と会うのを避けていました。明るくなったと言ってもらえたことが今の全てだと思います。 (50代女性 装用者さまの声 )

難聴.jpに登録する

ご登録のメリット
・難聴に関するメールマガジンをお届けします 
・日本コクレアの人工内耳啓発アドバイザーが、人工内耳に関するご質問にお答えします

その他、難聴者の会やイベント、人工内耳装用者ボランティアの紹介などの情報をご提供します。

*メールマガジンは、ci-advocator@cochlear.com より届きます。
ご登録されるメールアドレスにてci-advocator@cochlear.com からのメールを受信可能な状態に設定してください。


 

*は必須入力項目です。