Skip to main content

人工内耳の聴こえのしくみ

 

  1. 体外装置であるサウンドプロセッサのマイクロホンが音を拾い、拾った音をデジタル信号に変換します。
  2. デジタル信号は、送信コイルを通じて皮膚の下にあるインプラントに送られます。
  3. インプラントは、受信したデジタル信号を電気信号に変換し、蝸牛に挿入されている電極に送ります。
  4. インプラントの電極が蝸牛の聴神経を刺激し、この刺激が脳に送られて、音として認識されます。

 

人工内耳の聴こえのしくみ

難聴でお困りの方へ

難聴の治療

人工内耳の聴こえのしくみ

人工内耳が、どのように「聴こえ」を脳に届けているかを音声付きアニメーションでご覧いただけます。

人工内耳の適応

2017年に改定された日本耳鼻咽喉科学会ガイドラインです。

装用までのステップ